追蹤
°ω°白目人生°ω°
關於部落格
人生不能不白目
  • 77789

    累積人氣

  • 4

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

G7

白川総裁:  「あのう、初めてのG7ですが、あのう、しっかりと総裁としての仕事をやって生きたい。」 議長国のアメリカも国際金融の世界で幅広い人脈と豊かな見識をむつとして、白川総裁の就任を歓迎しています。 アメリカマコーミック財務次官:  「来てくれるとよいのだが…G7に仲間が増えるのを歓迎する。」 前FRB金融政策局長 ラインハルト氏:  「白川氏とは国際会議でよくご一緒した、世界経済・金融市場の動きを熟知している方だ。」 アメリカでは今の金融不安と十年前の日本の金融危機感似ていると指摘する声も出でいます。公的資金を投入して、金融問題に取り組んだ経験を踏まえて、日本が今の経済情勢をどのように説明するのか、アメリカも注目しています。 はい。そのアメリカが震源地となったサブプライムローンの問題では、どんな議論が予想されますか? はい、アメリカ経済が今回のG7の最大の焦点といっても、過言ではありません。住宅市場の低迷の続く中、アメリカのサブプライムローンの問題が長引いています。IMF国際通貨基金は今週、サブプライムローンの問題をきっかけに、世界の金融機関などが計上する損失は、日本円にして100兆円近くに達するという見通しを発表しました。 G7でも金融市場の動揺がおさまっているとはまだ言い切れないという認識で一致すると見られています。 アメリカとしては市場の安定に向けて重要なのは、それぞれの金融機関が資本を増強することだし主張し、各国の支持を得たい考えです。 ただ、ポールソン財務長官は先ほど行われた講演でも金融機関が公的資金に頼ることなく、自力で資本を調達するよう繰り返しました。 ポールソン財務長官「金融機関のトップに会うと必ず言っていることがある。資深不足になる可能性あるなら、政府に期待してはならない、自力で資本増強してくれということだ。」 ポールソン財務長官は今回G7後の非公式の会合にアメリカ最大手の銀行シティーグループやMIZUHOコーポレート銀行など、日、米、欧の金融機関のトップまねています、このばでも、財政基盤を強化急ぐよう直接求めるを見られています。 はい、そうして各国の対応についてはどんな議論をするんでしょうか。 はい、え、G7としては、金融市場の動揺が実体経済に与える影響をこれ以上広げることがないを維持して、取り込む姿勢を打ち出すことになります。  はい、具体的な政策対応となりますと、各国それぞれに事情を抱えてます。アメリカは景気刺激策や政策金利の引き下げなどを、これまでに打ち出した対策を改めて説明した上で、今年後半からは景気が持ち直しという見通しを示すものと見られてます。これに対して、日本の金融政策は現状を維持するのか精一杯というところです。また、ヨーロッパ中央銀行も日本時間の昨夜金利を据え置くことを決めています。景気の下ざさよりもインフレの抑制を優先した形です。一方、日本やヨーロッパ過去からはドル安が続くなか、円高ユーロ高中によって、輸出に悪い影響が出かねないという声も出ています。G7は日本時間の明日早朝に声明発表する予定ですが、為替についてといった認識を示すかにも注目集まっています。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態