追蹤
°ω°白目人生°ω°
關於部落格
人生不能不白目
  • 78336

    累積人氣

  • 7

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

四川大地震

佐藤:「はい、え、今回の災害ですけども、規模が非常に大きく、また国民の関心も高い一方で、被害が大きすぎ、え、政府がスル回転で動いても対応しきれないという危機感があります。え、ただでさえ中国では、貧富(ひんぷ)の格差が広がる中で、貧しい層など国民の一部に不満がくすぶっています。え、今回対応誤れば、その不満が一気に政府に向かうことになりかねないという懸念があります。さらに今回の震源周辺(しんげんしゅうへん)には、西蔵族(チベット)などの少数民族が居住していまして、え、不安定だということも念頭(ねんとう)にあります。そこで、中国政府が被災者のために、いかに精一杯奮闘(ふんとう)しているかをアピールし、政府への信頼と国民の支持を取り付けたい狙いがあるんです。」 はい。そして中国政府はいったんは拒否した日本の人的支援を昨日一転して受け入れましたね。これはなぜなんでしょうか。 「はい。え、被害があまりにも大きく、救援が追いつかない状況が、次第に明らかになるにつれて、中国政府が外国の支援を含めて、やるべきことはすべてやるという判断に至ったからです。え、温家宝首相(しゅしょう)は、被災地の惨状(さんじょう)を眼にして、『命を救え、これは命令だ』と強い調子で指示しましたが、これも強危機感(つよしききかん)の表れといえるでしょう。え、もう一つが国際社会との強調姿勢を示す狙いです。中国の最大の課題は、オリンピックを成功させることです。そのためには、国際社会から支持される環境を作る必要があります。中でも、各国が人的支援を表面した中で、日本を最初に選んだのは、胡錦涛(こきんとう)国家主席が日本を訪問したばかりの、対日関係重視の姿勢が反映したものといえます。実際国営メディアは、中国が外国から人的支援を受けたのは、日本がはじめて、と、大きく報道しています。国内外の支持をつなぎとめながら、中国政府は何とか未曾有(みぞう)の大災害を乗り越えたい考えです。」
相簿設定
標籤設定
相簿狀態