°ω°白目人生°ω°

關於部落格
人生不能不白目
  • 73856

    累積人氣

  • 5

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

松阪牛ブランド

三重県特産の松阪牛、とろけるような舌触りの霜降り肉は日本を代表する高級和牛です。 毎年秋に開かれる競(せ)りでは、一頭1000万円以上の高値がつきます。 松阪牛は三重県中部から南部にかけての一定の地域で育てられた子供を産んでいないメスの黒毛牛に限られています。地域のブランドを守るために、市や業界団体が定義したのです。 松阪市では、国内向けだけでなく、中国でも松阪牛のブランドを守ろうと取り組んできました。 おととしには中国に進出した地元の起用に依頼し、中国政府に「松阪牛」や「松阪肉」の商標を申請しました。 松阪市 下村猛(しもむらたける)市長:「松阪肉というのもおいしい、ということ以上に、え、日本各地あるいは世界から愛されている牛肉そういうものという誇りを松阪市民は持っている。品質を落としてはならない。え、これを維持しなければならない。そんな思い出、え、ずっとやっているまいりました。」 そろそろ登録されると思っていた今月上旬、市役所を激進させる情報が入りました。中国で、「土」辺の「坂」の字を使った。1文字違いの「松坂牛」が申請されているというのです。しかも、松阪市よりも8か月早い、3年前の9月に出されていました。 中国では、先に品性をしたほうが認められやすいと言われています。1文字違いの松坂牛が先に登録されてしまった場合、関係ない牛肉が高級和牛であるかのように中国で流通する恐れがあります。 松阪市 下村猛市長:「この松阪で生産される松坂牛と違ったもので、評価の低いものが“これが松阪牛”と言われたんでは、松阪の松阪牛そのものの評価が落ちてしまう。」 今週火曜日、緊急の対策が話し合われました。松阪牛の生産者からは、早急な対応を求める意見が相次ぎました。 A:「先手で(対応)することをお願いしたい。」 B:「(中国だけでなく)香港‧韓国‧台湾このへんも大事やろうね。」 協議の結果、中国の商標に詳しい専門家に依頼して、今後、中国政府に異議を申し立てることになりました。さらに、台湾や韓国でも松阪牛の商標登録を目指すことになりました。 松阪市 下村猛市長:「動けるものなら、あ、早く阻止に向けて続きを進めたいなぁと思っています。え、これやっぱりショックでしたね。ですけどあのう…悲観はしていません。現実に松阪牛はこの“松阪”にあるわけですから。」 高級和牛松阪牛に降りかかった中国での商標をめぐるトラブル、解決にはまだ時間がかかりそうです。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態