°ω°白目人生°ω°

關於部落格
人生不能不白目
  • 73856

    累積人氣

  • 5

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

五月天-中翻日

五月天の信さんは日本料理を学び、自分で作った海胆丼がドラムの冠佑さんに「口がクライマックス」したと言った。 10年の日本旅行話を集結した。  信さんは「ロマンチックな逃亡」という新発売の絵本10年間の日本旅行や仕事の経験を記録した、去年信さんは日本に京団子の作り方を学んだ。彼は昨日台湾でも日本料理を学んでみて、信さんは慎重にお握りを握って、スプレーガンでイカを焼き、最後に出来上がると噛みつくとき、彼が「これらの美味しい食べ物は私に日本でたくさん面白い思い出を引き出された。」と笑った。  去年五月天が日本に演ずる時、瑪莎さんが刺身を食べる勇気がないほかに、信さんとほかのメンバーは「うに消滅団」を組んで、朝7時に日本東京が有名な「築地漁市場」で海胆丼を買いあさった、市場の公休日にぶつかったが、諦めない彼らは努力してまた営業している店を見つかった、みんなは興奮して海胆丼が一つずつを注文した、信さんはその美味しい程度を説明して、冠佑さんに噛みつくと驚いて叫ばせて、まったく「口がクライマックス」の程度を達した。 撮影と絵を描くと文字で本を出版する  大学1年生になったとき、日本に短期留学してから、信さは日本のことを好きになった、彼は「日本人が仕事に対する態度が私に吸い込ませて、彼らは道を掘ると道を舗装しても整って慎重である。」と言った。その後、もう一度留学をするため、信さんは積極的にアルバイトをして、1個月に6千元の給料で店でポスターを描いた、最高記録は1個月に100枚を描いた、彼は3万元ぐらいの団費は1年でアルバイトしてもうけたと表示する。  信さんのはじめ著作「Happy・Birth・Day」はよい業績を達した、今回彼が2年半の時間をかかって、日本での撮影と描きと文字を整理して、また新しい本「ロマンチックな逃亡」を出版して、売れ行きがよい作家になりたいだ。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態