追蹤
°ω°白目人生°ω°
關於部落格
人生不能不白目
  • 78551

    累積人氣

  • 5

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

如何看待工作中的女性?-日翻中

そこでどうするか、と言うことで、この本のようなマニュアルが必要になる。この本には、こう書いてある。女性がプレゼンテーションをする時には、周りで援護すると効果的なのだそうだ。「彼女はこの問題のエキスパートだ」とか、「彼女に聞かないとこの問題はわからない」などとアメリカ側のメンバーが言うと、通常は女性の発言に耳を傾けることのない日本の男性も、少しは聞くようになると言うのだ。 ちょっと恥ずかしくなるような話しだ。しかし、同様の話を、日本の働く女性たちからもよく聞く。よく話題になるのは、電話の話だ。自分のデスクの電話が鳴ったので受話器を取り、「はい、○○でございます」と返事をすると、相手側の男性がこういうのだそうだ。「なんだ女か、女じゃ話しがわからん。人を出せ、人を」と。女性たちは、「私たちは人じゃないんですか」と怒っている。でも、電話をかけてきた男性にとって、彼女は「人」ではないのだろう。「人を出せ」といっているのだから。もちろん、言葉を喋っているのだから、「人間」であることは分かっているはずだ。しかし、この男性にとっては、女性は「一人前の判断を下せる人ではない」と言うことなのだろう。だから、「人=男を出せ」と言いたい訳なのだろう。 如何看待工作中的女性? 首先先思考看日本男性是如何看待工作中的女性吧! 美國女士們以「日本人的性騷擾」為開頭(原題是對於和日本男性商人),和日本男性一起工作的年度書,刊載了這樣有趣的例子。 插曲“鸚鵡的時間“。希望美國人的商業團隊和日本男性中心的企業人(該翻成是日本大男人主義的企業人嗎?)想像正在交涉的場景。 在現在不是罕見的事,美國方面女性做演示,但是,這位女士發言時日本男士們誰也沒在聽,在這方面真苦惱阿! 因此美國方面其他男士必須要和剛才的女士說完全相同的話(簡直就像是鸚鵡), 男士一開始說話,到那時候一直ボーッ的日本男士的臉就突然パッと的發亮,熱心地開始拿筆記。 似乎日本男性們隨意地深信「女性的話不是重要的事」一樣。 由於在那裡怎樣做,變得需要象這個書一樣的手冊。 在這個書上,這樣寫著。據說女性做演示的時候,在周圍支援的話有效。 美國方面的成員說:「她是這個問題的專家」或是「不問她不明白這個問題」等的話, 通常不對女性的發言傾聽的日本的男性,也稍微變得會聽。 有點慚愧的話。可是,常從日本工作的女性們聽同樣的話。經常成為話題的是電話的話題。 據說因為自己桌上的電話響了而拿起聽筒,一回答「是,是○○」的話,對方男性是這樣的。 「什麼~是女的?女人的話聽不懂啦!或「人勒?,去叫人出來!」。女性們會發火:「我們不是人嗎?」。 但是,對打電話的男性來說,她不是「人」吧。因為說了「去叫人出來!」。當然,因為說話,應該明白是「人」的事。 可是,對這個男性來說,女性「不是能夠格的下判斷的人」吧。因此,應該想說「人=男人」吧。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態