追蹤
°ω°白目人生°ω°
關於部落格
人生不能不白目
  • 78336

    累積人氣

  • 7

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

鹿食害

シカ(しか)食害(しょくがい) 一方(いっぽう)、野生(やせい)のシカ(しか)による農作物被害(のうさくもつひがい)も申告(しんこく)です、栃木県(とちぎけん)が来月(らいげつ)からシカ(しか)の狩猟制限(しゅりょうせいげん)を緩和(かんわ)して、生息数減(せいそくすうへ)らす方針(ほうしん)を決(き)めました。栃木県(とちぎけん)では日光市(にっこうし)や鹿(か)沼(ぬま)市(し)などのやまぞよの中心(ちゅうしん)に野生(やせい)のニホンジカ(にほんじか)が生息(せいそく)していますが、20年(20ねん)ほど前(まえ)から活(かつ)が増(ふ)えたため、農作物(のうさくもつ)や貴重(きちょう)な植物(しょくぶつ)を食(く)いやら過(す)ぎが遭(あ)いついています。このため栃木県(とちぎけん)では平成六年(へいせいろくねん)からほを管理計画(かんりけいかく)をそためて一定(いってい)の割合(わりあい)でシカ(しか)の狩猟(しゅりょう)を認(みと)め生息数減(せいそくすうへ)らす取(と)り組(ぐみ)を進(すす)めてきました。しかし、現在(げんざい)も年間(ねんかん)で一千万円以上(いっせんまんえんいじょう)の被害(ひがい)が出(で)ていることや計画(けいかく)どおりシカ(しか)の生息数(せいそくすう)が減(へ)っていない時期(じき)もあるから、栃木県(とちぎけん)では新(あたら)しい保護計画(ほごけいかく)に基(もと)づきニホンジカ(にほんじか)の生息数(せいそくすう)を管理(かんり)することを決(き)めました。新(あたら)しい保護計画(ほごけいかく)ではこれまで一平方(いちへいほう)キロメ(きろめ)ートル(とる)のシカ(しか)の生息数(せいそくすう)の密度(みつど)か三頭(さんとう)から五頭(ごとう)となりようにしていた目標(もくひょう)を一頭(いちとう)に減(へ)らしたほうが資料(しりょう)に当(あ)たるひとひとりが一日(ついたち)に捕獲(ほかく)できる頭数(とうすう)をオス(おす)は一頭(いっとう)まで、メス(めす)については上限(じょうげん)をもけつ制限(せいげん)を緩和(かんわ)しています。栃木県(とちぎけん)では来月(らいげつ)から五年間新(ごねんかんあたら)しい保護計画(ほごけいかく)に基(もと)ついでシ(し)カ(か)の生(せい)息(そく)数(すう)を減(へ)らすほしいです。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態