追蹤
°ω°白目人生°ω°
關於部落格
人生不能不白目
  • 77789

    累積人氣

  • 4

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

銃乱射事件

銃乱射事件(じゅうらんしゃじけん) では、アメリカバ(あめりかば)ージニア(じにあ)州(しゅう)の大学(だいがく)で起(お)きた銃(じゅう)の乱射事件(らんしゃじけん)です。犯行行為自殺(はんこうこういじさつ)した韓国人学生(かんこくじんがくせい)の容疑者(ようぎしゃ)は、一回(いっかい)目(め)の発砲(はっぽう)も自殺(じさつ)するまでの間(あいだ)にアメリカ(あめりか)三大(さんだい)ネットアップ(ねっとあっぷ)NBCテレビ(てれび)に写真(しゃしん)や動画(どうが)、文書(ぶんしょ)を送っていたことがわかりました。一方(いっぽう)、犠牲者(ぎせいしゃ)の身元(みもと)が明(あき)らかなるにつれ、遺族(いぞく)や友人(ゆうじん)たちの間(あいだ)では悲(かな)しみが広(ひろ)がっています。警察(けいさつ)や大学当局(だいがくとうきょく)は犠牲者(ぎせいしゃ)の名前(なまえ)をまた一部(いちぶ)しか明(あき)らかに知(し)っていませんが、アメリカ(あめりか)のメディア(めでぃあ)は犠牲者(ぎせいしゃ)となった学生(がくせい)たちの名前(なまえ)を顔写真(かおじゃしん)などとともに伝(つた)え、家族(かぞく)や友人(ゆうじん)の悲(かな)しみの声(こえ)を紹介(しょうかい)しています。 エミリ(えみり)ーヒルミャ(ひるみゃ)ー、19歳(さい)、一年生(いちねんせい)。夢(ゆめ)は獣医(じゅうい)になる事(こと)でした。 20歳(さい)のロス(ろす).アブドラ(あぶどら).マルディン(まるでぃん)友人(ゆうじん)に優(やさ)しく接(せっ)していました。 バ(ば)ージニア(じにあ)工科大学(こうかだいがく)のキャンパスでは学生(がくせい)らおよそ一万人(いちまんにん)が集(あつ)まってキャンド(きゃんど)ルに火(ひ)を点(とも)し、犠牲(ぎせい)となった友人(ゆうじん)たちを追悼(ついとう)しました。 その一方(いっぽう)で、捜査当局(そうさとうきょく)が遺体(いたい)の状況(じょうきょう)を詳(くわ)しく調(しら)べているために、家族(かぞく)らは事件(じけん)から二日(ふつか)が経(た)っても、なお、犠牲(ぎせい)となった学生(がくせい)らの遺体(いたい)に対面(たいめん)できず、遺体(いたい)ちも募(つの)らせています、犠牲(ぎせい)となった三十二人(さんじゅうににん)の中(なか)には、アジア(あじあ)や中南米(ちゅうなんべい)、それに中東(ちゅうとう)など、海外(かいがい)からの留学生(りゅうがくせい)たちも含(ふく)まれています。このうち、インドネシア(いんどねしあ)出身(しゅっしん)で三年前(さんねんまえ)からトッポーコー学校(がっこう)で学(まな)んでいた三十四歳(さんじゅうよんさい)の男性(だんせい)の留学生(りゅうがくせい)も銃撃(じゅうげき)で死亡(しぼう)しました。家族(かぞく)は突然(とつぜん)の知(し)らせを受(う)け、悲(かな)しみに暮(く)れています。 ビニドウ(びにどう)ーさん「彼(かれ)のみにこんな不幸(ふこう)が起(お)こるなんて、考(かんが)えた事(こと)もありませんでした。」 家族(かぞく)や親戚(しんせき)の家(いえ)の前(まえ)には現地(げんち)インドネシア(いんどねしあ)のメディア(めでぃあ)も集(あつ)まり、泣(な)き崩(くず)れる家族(かぞく)の様子(ようす)を伝(つた)えています。今回(こんかい)の事件(じけん)では犯行後自殺(はんこうごじさつ)した韓国人学生(かんこくじんがくせい)チョ(ちょ)・スンヒ(すんひ)容疑者(ようぎしゃ)がなぜ三十二人(さんじゅうににん)もの学生(がくせい)らを殺害(さつがい)するに至(いた)ったのか、その動機(どうき)の解明(かいめい)を焦点(しょうてん)に警察(けいさつ)の捜査(そうさ)が続(つづ)いています、最新(さいしん)の捜査状況(そうさじょうきょう)について、現地(げんち)から中継(ちゅうけい)です。 はい、一時間半前(いっじかんはんまえ)に行(おこな)われた記者会見(きしゃかいけん)などで、チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)は一度目(いちどめ)の銃撃後(じゅうげきご)、二度目(にどめ)の犯行(はんこう)に及(およ)ぶまでの間(あいだ)にアメリカ(あめりか)NBCテレビ(てれび)やっでに写真(しゃしん)や映像(えいぞう)を繰(く)り尽(つ)きていたことが明(あき)らかになりました。これらの写真(しゃしん)には、チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)が両手(りょうて)に銃(じゅう)を持(も)って撃(う)つっている写真(しゃしん)などもあり、捜査当局(そうさとうきょく)は会見(かいけん)で捜査上非常(そうさじょうひじょう)に重要(じゅうよう)な証拠(しょうこ)となるとしてより、NBCからこれらのデータ(た)を提供受(ていきょうう)けて、分析(ぶんせき)を進(すす)めていることは明(あき)らかにしています。 あの、容(よう)疑者(ぎしゃ)の犯行前(はんこうまえ)の行動次第(こうどうしだい)に明(あき)らかになっているようですね。はい、警察(けいさつ)は午前(ごぜん)に行(おこな)った記者会見(きしゃかいけん)の中(なか)で、2005年(ねん)にチョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)と同(おな)じ大学(だいがく)の女子学生二人(じょしがくせいににん)が警察(けいさつ)に対(たい)して、チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)からストーカ(か)行為(こうい)を受(う)けたという苦情(くじょう)を遭(あ)いついて寄(よ)せていたことは明(あき)らかにしました。警察(けいさつ)によりますと、このときは女子学生(じょしがくせい)からの苦情(くじょう)を受(う)け、チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)を事情聴取(じじょうちょうしゅ)したということですが、その後(ご)、チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)の知人(ちじん)から警察(けいさつ)に「チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)が自殺(じさつ)する恐れがある」という通報(つうほう)があったため、裁判所(さいばんしょ)の判断(はんだん)を受(う)けて、チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)に精神科治療施設(せいしんかちりょうしせつ)で治療(ちりょう)を受(う)けさせたということです。一方(いっぽう)、アメリカ(あめりか)のABCテレビ(てれび)などは、チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)が大学(だいがく)の授業(じゅぎょう)で作成(さくせい)した脚本(きゃくほん)が非常(ひじょう)に暴力的(ぼうりょくてき)な表現(ひょうげん)だったため、担当教師(たんとうきょうし)が大学側(だいがくがわ)に懸念(けねん)を示(しめ)していたとを伝(つた)えています。チョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)は犯行(はんこう)に使用(しよう)した銃(じゅう)を先月大学近(せんげつだいがくちか)くの銃砲店(じゅうほうてん)で合法的(ごうほうてき)に購入(こうにゅう)していますが、こうしたチョ(ちょ)容疑者(ようぎしゃ)の過去(かこ)が明(あき)らかになるに連(つ)れ、大学(だいがく)内(ない)には警察(けいさつ)や大学当局(だいがくとうきょく)がなぜなんらかの大要(たいよう)を取(と)らなかったのかと、疑問(ぎもん)の声(こえ)が広(ひろ)がっています。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態